MENU

びまん性脱毛症の治療のすべてを【完全解説!】

びまん性脱毛症の治療のすべてを【完全解説!】

びまん性脱毛症とは、女性が発症する脱毛症の中で最も多く、年代は10代から高齢者まで幅広く発症する脱毛症です。しかし、自覚した初期症状からキチンと治療すれば男性の脱毛症に比べて治りは早いとされています。早期治療が大切ですね。

 

「びまん性脱毛症」になってしまった時、どんな治療をすればよいのか?治療の全てを完全解説します。参考にしてみてください。

 

びまん性脱毛症の治療のすべてを【目次】

 

【びまん性脱毛症の治療】ヘアケア製品で抜け毛対策をする

【びまん性脱毛症の治療】:育毛剤
1ヶ月当りの費用目安 薄毛の程度 薄毛の改善度
数千円~ 初期~中期 びまん性脱毛症 治療  画像

 

びまん性脱毛症の専用育毛剤はありませんが、頭皮の血行不良の改善、髪に必要な栄養を浸透させる、頭皮環境を正常に戻す…などびまん性脱毛症の原因に沿った適切な育毛剤を選び、頭皮のケアをすることで効果・改善が可能です。

 

育毛剤で抜け毛対策をするメリット
  • 自宅で誰にもバレずにケアして治せる。
  • 病院での治療より料金の負担が少ない。

 

育毛剤で抜け毛対策をするデメリット
  • 改善はするが即効性がない。
  • 育毛剤選びに失敗すると頭皮トラブルが発生する。

 

びまん性脱毛症 治療  画像

 

【びまん性脱毛症の治療】:シャンプー
1ヶ月当りの費用目安 薄毛の程度 薄毛の改善度
数千円~ 初期~中期 びまん性脱毛症 治療  画像

 

びまん性脱毛症は、頭皮環境の悪化、トラブルが原因となっていますので、「乱れた頭皮環境を正常に戻す」成分がたっぷり配合されたシャンプーを選ぶことで改善が可能です。シャンプーだけでは、難しいですが、育毛剤と併用することで相乗効果を発揮します。

 

シャンプーで抜け毛対策をするメリット
  • 育毛剤と併用して使うことで相乗効果を発揮する。
  • シャンプーを見直すことで抜け毛が減るケースも多くある。

 

シャンプーで抜け毛対策をするデメリット
  • シャンプーは初期症状にはいいが、根本的な改善は難しい。
  • 抜け毛は減るケースはあるが、発毛は厳しい。

 

びまん性脱毛症 治療  画像

 

【びまん性脱毛症の治療】医療機関で受診する

【びまん性脱毛症の治療】:内服薬による治療
1ヶ月当りの費用目安 薄毛の程度 薄毛の改善度
1万円~ 初期~ びまん性脱毛症 治療  画像

 

びまん性脱毛症に効果を発揮すると有名な内服薬は「パントガール」で、女性専用の飲む育毛剤と言われています。パントガールには、健康な髪の毛を作るために欠かせないタンパク質のケラチンや皮膚や髪の毛を正常に保つパントテン酸カルシウム・ビタミンB群など女性の体に合った内服薬と言われています。

 

内服薬による治療のメリット
  • 専門医師の下、身体の内側から治療ができる。
  • 副作用の心配がない。

 

内服薬による治療のデメリット
  • 効果があらわれるには3カ月から6カ月かかる。
  • 医師による診察が必要。(診察料がかかる)

 

 

【びまん性脱毛症の治療】:外服薬による治療
1ヶ月当りの費用目安 薄毛の程度 薄毛の改善度
1万円~ 初期~ びまん性脱毛症 治療  画像

 

クリニックで多く処方される外用薬としては「パントスチン」が有名です。頭皮内で毛根を攻撃する脱毛因子から守ることで抜け毛を防ぎます。内服薬とあわせて外用薬を組み合わせて使用することで、より効果を実感できます。副作用はほとんどないため、長期的に使用することができます。

 

外用薬による治療のメリット
  • 内服薬とあわせて使用することで相乗効果が発揮しやすい。
  • 専門医師の下で診察してくれる。

 

外用薬による治療のデメリット
  • 月1回以上の通院が必要。
  • 外用薬が肌に合わなかった場合、また病院に行かなくてはいけない。

 

 

【びまん性脱毛症の治療】:注入療法による治療
1回当りの費用目安 薄毛の程度 薄毛の改善度
5、8万円~ 初期~重度 びまん性脱毛症 治療  画像

 

注入療法とは、成長因子と有効成分を頭皮に直接注入することで毛包を蘇らせ、毛母細胞を刺激して、発毛を促進し毛髪を再生させる治療法です。クリニックによっては、レーザーと超音波または、注射器やメスを使う場合もあります。頭皮に直接有効成分を浸透させ「発毛」「育毛」を促進させます。市販の育毛剤で効果がなかった方におすすめです。

 

注入療法による治療のメリット
  • 直接頭皮の奥深くまで浸透させるので、発毛効果が実感しやすい。
  • レーザーと超音波治療の場合は、痛みがない。

 

注入療法による治療のデメリット
  • 注射の場合は、2,3日腫れや赤みが出る場合がある。
  • 内服薬、外用薬に比べて1回の治療費が高い。

 

 

【びまん性脱毛症の治療】:自毛植毛(植毛手術)による治療
費用目安 薄毛の程度 薄毛の改善度
何十万円~ 中期~重度 びまん性脱毛症 治療  画像

 

自分の髪の毛を移植する自毛植毛は、効果が出るのも早く、薄毛を改善する事が可能です。頭皮に移植した毛根が定着してしまえば、伸びる毛はとても自然なので、誰にも気づかれずに済みます。また自毛植毛で頭皮に植え付けられた毛は95%定着すると言われています。

 

自毛植毛による治療のメリット
  • 圧倒的なスピードで髪が生える。(拒絶反応がない)
  • 通院する回数が少ない。

 

自毛植毛による治療のデメリット
  • 保険適用外なので、料金が高い。
  • 傷跡は髪に隠れるが、しばらく残る。

 

関連ページ

女性の薄毛の90%がびまん性脱毛症 | 原因と対策方法徹底解説
分け目が薄くなり地肌が気になり始めたら…それは「びまん性脱毛症」の可能性があります。 原因を知り、早めに対策すればするほど、改善も早いです。びまん性脱毛症の原因と対策方法を調べてみました。
びまん性脱毛症に効く育毛剤って本当にあるの?
びまん性脱毛症は女性特有の薄毛で、きちんとしたケアをすれば男性の薄毛に比べて完治がしやすいと言われています。厚生労働省が認可している女性用の育毛剤で本当に効果があるのか調べてみました。
びまん性脱毛症に効くシャンプーはどれ?
薄毛で悩む女性の割合は増加傾向にあり、その大半が「びまん性脱毛症」で占めています。頭皮の洗浄・頭皮ケアとして皆が使っているシャンプーの中でびまん性脱毛症に効くシャンプーがどれか調べてみました。
20代でびまん性脱毛症になることってあるの?効果的な対策方法は?
びまん性脱毛症は、女性に多く発症する抜け毛で、成人女性の約4割が、生涯のうちに1回は発症すると言われています。20代でびまん性脱毛症になった場合の効果的な対策方法を調べてみました。