MENU

産後の抜け毛を予防するにはどうすればいいの?

産後の抜け毛を予防するにはどうすればいいの?

産後の抜け毛は、ほとんどの方が経験し、自然に治まっていくものなのですが、3割ほどのママが抜け毛がなかなか治らないと悩まれていたりします。その原因として、ストレスだったり、頭皮環境の悪化、その人が持っている自然治癒力に関わってきます。また最近では、高齢出産が増えたことで、身体の回復力の低下が原因だったりします。

 

自然に治る方もいますが、自分が早いか遅いかはなかなかわからないものです。産後の抜け毛を長引かせないためにも、産後の抜け毛を予防に効果があった対策をご紹介します。

 

こちらの記事も一緒に参考にしてみてください。

>>産後の抜け毛はいつからいつまで続くの?

 

産後の抜け毛を予防するにはどうすればいいの?【目次】

 

【予防の前に!】産後の抜け毛の原因は?

産後の抜け毛を予防するにはどうすればいいの?

産後の抜け毛は、妊娠時にホルモンバランスが崩れてしまうことが原因の一つです。通常の女性の体には「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2種類の女性ホルモンが生成されています。

 

この2つの女性ホルモンには成長期を伸ばし、髪を抜けにくくする働きがあります。妊娠中は分泌されるホルモン量が増加しますが、産後急激に妊娠前の値にまで減少し、それまで引き止められていた毛が抜け出します。

 

それ以外の産後の抜け毛の原因には

  • ママの体内のタンパク質を赤ちゃんに優先させるため、生死に関わりにくい髪の毛に栄養が行き届かない
  • 頭皮がデリケートによる乾燥からフケやかゆみにより頭皮トラブル
  • ムリな産後ダイエットによる栄養が偏ることから毛根の栄養不足…etc

などホルモンバランスの乱れから引き起こす生活習慣が原因だったりします。詳しい記事はこちらを参考にしてみてください。

 

>>産後の抜け毛はなぜ起こる?原因を徹底解剖!

 

産後の抜け毛を予防する5つの対策

産後の抜け毛を予防するにはどうすればいいの?

【自宅ケア】産後の抜け毛予防:食べ物

産後は、妊娠中に増えてしまった体重を戻そうと無理なダイエットや慣れない育児に追われて、自分の食事が疎かになってしまうことも多いですが、髪の毛は日々の食事から作られています。

 

よって髪の栄養となる食べ物を積極的に摂ることで、より早く抜け毛から抜け出せますよ。

 

栄養素 目的 多く含む食べ物
タンパク質 新しい髪の毛を作り出す栄養素 肉類・魚介類・イモ類
大豆 ホルモンバランスを整える。 味噌、豆腐、納豆、豆乳
葉酸 髪を丈夫でつややかにする。 焼き海苔、納豆、モロヘイヤ
カルシウム 髪を強くコシを復活。 煮干し、干しえびなどの干物
亜鉛 健康な髪を生み出すサポート 牡蠣、煮干、乾燥のり、たらこ
毛根の酸素不足を解消 あおのり、ひじき、干しエビ
海草 健康な髪を育てる。 わかめ、焼き海苔、ひじき
ビタミンB2 髪に必要な栄養素を届ける。 レバー、うなぎ、納豆、卵
ビタミンB6 髪の毛を作り出す手助け にんにく、マグロ、鶏ひき肉

 

特に大豆製品は、産後減少する女性ホルモンと同じ働きをするので、積極的に摂りたいですね。栄養のバランスを考えながら和食中心の食事がおすすめです。

 

>>詳しくは産後の抜け毛対策に有効な食べ物

 

【自宅ケア】産後の抜け毛予防:サプリメント

タンパク質や大豆製品などは、普段の食事でも比較的に摂りやすい食べ物ですが、ビタミン類やミネラルはなかなか意識しても摂取するのが、難しいですよね。そこで、摂らなくちゃいけないとなってくると知らないうちにストレスになることも…

 

そんな時は、良質なサプリメントで補いましょう。

 

産後の抜け毛や授乳中のママのために作られたサプリメントもありますよ。ただ、コンビニや薬局で数多く売られている大量生産のサプリメントは、産後の身体に、負担になることもありますので注意が必要です。

 

>>詳しくは産後の抜け毛対策に最適なサプリメントの選び方

 

【自宅ケア】産後の抜け毛予防:育毛剤

産後の抜け毛を早くに抜け出すコツは、身体の内側からのケアの他に外側からのケアにも目を向けると相乗効果で抜け毛対策になりますよ。また食べ物やサプリメントも摂取しているのに、なかなか抜け毛が止まらないってママは、育毛剤を一度試してみるのもいいですね。

 

まず、育毛剤を選ぶポイントは、

  • 出産後・授乳中でも安心して使えるもの。
  • 産後の頭皮や肌は通常より大変デリケートなので成分に注意する。
  • 産後の抜け毛専用の育毛剤を使う。

 

よって、手軽に男性用の育毛剤や市販の育毛剤を使うと危険だったり、逆に抜け毛が増えてしまう事もあるので、注意しましょう。他にも安心して育毛剤を使うポイントや選び方はこちらの記事を参考にしてみてください。

 

産後 抜け毛 予防  画像

産後 抜け毛 予防  画像

>>産後の抜け毛に効果のある育毛剤の選び方

 

【自宅ケア】産後の抜け毛予防:シャンプー

シャンプーをした時の排水溝にごっそり抜ける毛にショックを受けるママは多いと思います。だからといって、シャンプーの回数を減らしたり、サッと終わらせてしまうのは、逆効果です。

 

それは、フケやかゆみと言った頭皮トラブルの原因になり、抜け毛が増えてしまったというケースもあるからです。

 

 

一番大切なことは、頭皮を清潔に保つこと

 

産後の頭皮は、血行不良になりやすいので、頭皮マッサージにより、頭皮を柔らかくすることも抜け毛予防になりますよ。


 

きちんとシャンプーしていても抜け毛が気になる場合は、産後のデリケートな肌にシャンプーが合っていないこともあり、産後の身体に負担をかけてしまっていることもあります。また早い方は、抜け毛予防として、妊娠中からシャンプーを変えて対策しているママもいます。

 

今からでも遅くありません、授乳中でも安心して使えるシャンプーに変えてみるのもいいですね。

 

産後 抜け毛 原因 画像

女性 育毛剤 画像

>>産後の抜け毛に効果的なシャンプーの選び方はこちら

 

【自宅ケア】産後の抜け毛予防:ストレスをためこまない

産後の抜け毛を予防するにはどうすればいいの?

ストレスがたまると身体が固くなりがちで、それに伴って、血液の流れも悪くなり、頭皮に十分な栄養が行き届かなくなります。特に産後は、ホルモンバランスの乱れからどうしてもイライラしやすくなります。

 

よって、自分に合ったストレス解消法をみつけることも大切です。好きな音楽を流したり、時には、旦那さんに頼んでゆっくり湯船に浸かる、旦那さんやお母さんに甘える。

 

ほんの少しのメリハリが、ストレスをためこまずにいられたりしますよ。

 

【なかなか治らない!】産後の抜け毛予防:専門の医療機関に診察

産後の抜け毛を予防するにはどうすればいいの?

産後の抜け毛は、女性ホルモン量の崩れにより起きるので、個人差はありますが、多くの方が出産後6ヶ月位からだんだんと抜け毛が減少し、1年ほどで治まると言われています。

 

>>詳しくは産後の抜け毛はいつからいつまでの記事を参照

 

1年以上が経過し、上記の予防策5つをやっていても抜け毛が治まらない場合は、専門の医療機関・クリニックで医師による診察を一回受けてみるのもいいかもしれません。最近では、産後の抜け毛で悩む女性を含めて、薄毛専門のクリニックが増えています。

 

女性でも通いやすい配慮や個室対応のクリニック、無料カウンセリングが受けられる病院も増えています。1人でずっと悩むより一度専門家に診察してもらうことで心が軽くなったりしますよ。

 

 

 

関連ページ

【不安な方必見】産後の抜け毛はいつからいつまで続くの?
産後トラブルに抜け毛があり、多くのママたちを悩ませる一つになっています。産後の抜け毛はいつからいつまで続くのか、2ch(2チャンネル)の口コミ・ヤフー知恵袋などから調べてみました。
産後の抜け毛対策に有効な食べ物9選
産後の抜け毛は、自然な現象でママになれば誰もが経験することです。時間と共に落ち着くとはいえ、産後の抜け毛は、ストレスの原因にもなりますよね。対策の一つに食べ物があるので、紹介します。
産後の抜け毛対策に最適なサプリメントの選び方
産後は、ホルモンバランスの乱れから抜け毛が起こると言われています。食事で補えない栄養素はサプリメントで摂取しましょう。産後の抜け毛対策に最適なサプリメントの選び方を調べてみました。
産後の抜け毛に効果的なシャンプーの選び方
産後のホルモンのバランスの乱れから、それまでは大丈夫だったシャンプーに反応してしまい、頭皮トラブルからさらに抜け毛を加速する原因になったりします。産後のこの時期にシャンプーを見直してみましょう。
産後の抜け毛に効果のある育毛剤の選び方
産後の抜け毛は、男性型脱毛症とは違うので、手軽に家にある男性用の育毛剤を試すのは、注意が必要です。産後の抜け毛に効果のある育毛剤の選び方を紹介します。
産後の抜け毛はなぜ起きる?原因を徹底解剖!
産後の悩みに対するアンケートの調査で第2位になった抜け毛。この結果からも多くのママが産後の抜け毛トラブルに頭を抱えていることがわかります。産後の抜け毛の原因を徹底解剖してみました。
【絶対NG】産後の抜け毛中にパーマやカラーが危険な7つの理由
産後にパーマやカラーをしたいママはとっても多いと思います。しかし産後の抜け毛中にパーマやカラーって危険だって知っていましたか?産後の抜け毛中にパーマやカラーが危険な理由を調べてみました。